calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

categories

archives

タイムライン

pixiv

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.04.12 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    「バレー部」と「下克上」が怖い

    0

      【告知】Chara10月号から『働き蜂は誰に蜜を捧げるか』というタイトルで連載始まりました。

      よろしくお願いします!

       

      ―――――――――――――――――――――――――――――

       

      ガス抜き雑談。

       

       

      話を考えてる最中に自分の忘れてた過去の蓋がパカッと開く時がある。

      完全に忘れてたのに最近思い出したのが中学のバレー部で部長をやってた時のこと。

      引退間際になってレギュラー以外の子が急に「もう部活出ない」と言い出して

      全員で話し合いになった。

       

       

      話し合いの内容はあんまり覚えてないけど、

      というか思い出したくないのかもしれないけど

      「なんでもっと頑張らないの?」的なことを言った気がする。

      今考えればそれは言っちゃいけない言葉だったとわかる。

      私が部長になったのだってただ練習熱心だったってだけで

      そもそも周りを見て人をひっぱっていけるタイプではなかった。

       

       

      その場がどうやって収まったのか全く覚えてないけど

      とにかく号泣したことと、その後一応レギュラー以外の子達が

      練習に来た記憶はある。

      私の熱血ぶりに感化されたのか(可能性は低い)

      私の駄々に付き合ってくれたのか

      アイツ下手に刺激すると家まで来る勢いあるぞめんどくせえと思ったのか。

      今思うとどうしてきてくれたんだろう?とは思うけど

      当時は「練習に来た」という正解が出たところでそれ以上は追求しなかった。

      というか基本的に周りからどう思われてるかということを感じるアンテナが

      感度悪すぎて何かしらのアピールも拾えてなかったかもしれない。

       

       

      時は過ぎオタクになり

      部活モノの漫画が好きになった。

      だいたい部長キャラやサポート的なキャラが好きになる。

       

      部活モノ漫画の部長は頼りになるし部員のこと考えてくれるか

      部の柱になる。

      それってやっぱり「本来こうありたかった自分」を投影してるのかなと思えてきた。

      サポートキャラを好きになるのは「こういう人がそばにいてくれたら本来ありたかった自分」に

      なれたかもしれないということを投影してるのかなとも。

       

      このバレー部の話なんてここ最近まで忘れてたから意識的に

       「部長キャラを好きになる!」なんてことは思ったことがないけど

      無意識化の願望みたいなものからは逃れられないんじゃないかなという話。

       

      テニスの王子様で一番最初に出した同人誌は「乾×手塚」だった。

      「うわ自己投影キモい」と思われると悲しいけど、活動してた時期を過ぎて

      よくよく考えて見るとそうなのではないかなと。

       

       

      でも一番熱心に同人活動していたのは「乾×海堂」

      「部長キャラ」と「サポートキャラ」は当てはまらないけど

      今思うとこれにも心当たりがある。

       

      中学のバレー部。

      高校のバスケ部。

       

      何故かどちらも上下関係がめちゃくちゃ厳しい部に入ってしまった。

      本当に1年の時はキツくて、正直「上級生になったら見てろよ」という気持ちもあった。

      それなのに。

      中学のときは2年になったら1年と3年が仲良くなって3年を後ろ盾に1年が練習ボイコット。

      高校の時は2年になったら1年が練習試合ボイコット。

      高校の時は中学での失敗を教訓としてそんなに煩いこと言ったりしてなかったけど

      中高で続けてバスケをやってた後輩から比べると実力が劣ってた。

       

      もう本当に「後輩」という生き物が怖い。

       

      だからこそ「 扱いづらい後輩に尊敬される先輩」との関係に嵌ったのかなと思った。

      これも活動していた同時は「萌える」以外の思いはなかったけど

       

      「何故この二人が好きなのか」を探るのはとても興味深い。

       

      興味深いし、すごい抉られる。

       

      『ハイキュー』のアニメが始まった時

       面白そうだなと思って4話目くらいまでは見たんだけど

      そっから先を何故か見てない。

       

      無意識にバレー部時代の蓋が開くのを避けてたのかもしれない。

       


      スポンサーサイト

      0
        • 2017.04.12 Wednesday
        • -
        • 11:15
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク